2016年05月28日

・激震・九州ツアー〜chap.22「歌舞さんと巡礼旅〜中編」

3/11(金)〜4/22(金)までの九州ツアーを振り返る日記・第22話。第21話はこちら

対応する当日投稿はここらへん。
・4/3(日)「2人のウズメ

和歌山からやってきた歌舞(かぶ)さんとともに巡る聖地巡礼の旅2日目。

この日は、高千穂〜天岩戸あたりを目指しますが、まずはその途中、

草部吉見神社〜鳥居

“日本三大下り宮”の1つ、草部吉見神社から。

ということで、写真を見てお氣づきでしょうか?

たいていの神社だと、鳥居をくぐって→階段を「上って」→社殿がありますが、

下って社殿

こちらは鳥居をくぐって→階段を「下って」→社殿がある、くだり参道を持つ構造になってます。

こういう構造を持つものを“下り宮”って言うらしいですが、「三大」とはいうものの実際3つしかなく(?)、残りの2つは宮崎県にある鵜戸神宮と、群馬県にある一之宮貫前神社とのこと。

手水舎の神紋

手水舎の神紋、“鷹の羽五枚”。

3枚に見えますが、残りの2枚で円を描くように囲っています。

本殿

カッコいい屋根を持つ本殿。

本殿の装飾

装飾も細かく彫られていて、

鷹vs猿

鷹が猿の口を、無理矢理こじ開けようとしているの図? なんかすごい。

神楽殿

神楽殿には御神木の枝が。

御神木

こちらが御神木。

塩井社鳥居

そしてさらに「下った」ところに、“不老長寿の水”が湧き出る塩井社が。

塩井社のあたり

上から見るとこんな感じ。

塩井社

塩井社っていうのはたぶんここ。水はほとんど空っぽ。

不老長寿の水

なので、こっちに湧き出ているのが“不老長寿の水”かしら?

大蛇?

そしてこの子は彦八井耳命(ヒコヤイミミノミコト)に退治されたとかいう大蛇かな?

ともかく水を少しいただきまして、帰りは当然、

上って帰る

「上る」ことになりますわな。

最後は上を向いて帰ることになるから、何となく氣分はよいかも?

……って、最初の寄り道ですでに写真を10枚以上アップしてしもた(汗)。今日のメインは、最初に書いた通り、天岩戸〜高千穂なので先を急ぎまして、

タヂカラヲさん

天岩戸神社到着。

まずは手力男命(タヂカラヲノミコト)さんのいる、西本宮から。

上って帰る

手水。つかいかたの説明がまるで魔法少女(笑)。

祓所

祓所。

まるいアタマ

石灯籠のアタマが、まるくてかわいい。

ふくろうさん

ふくろうさんが乗ってたりもする。

招霊の木

御神木・招霊(おがたま)の木。

「天鈿女命、天岩戸の前に神楽を奏し給ふ時、其枝を持ちて舞はせ給へる神楽鈴」

西本宮拝殿

西本宮拝殿。

この向こうに天岩戸が見える天岩戸遥拝所があって、そちらに行くには授与所で案内を申し込みます。

神楽殿

神楽殿。カッコよく撮れたと自画自賛(笑)。

そしていよいよ天安河原へ向かいますが……なんかすでに長くなってきたので、第23話へ続きます


★近日中の主な出店スケジュール★
・5/29(日), @滋賀県土山町, 大野小学校同窓会館, 「ほのぼのマルシェ vol.5

ラポラポって?出店カレンダーお問い合わせ


posted by ラポラポ at 09:46 | Comment(0) | Pの旅行記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]