2016年05月27日

・激震・九州ツアー〜chap.19「九州のへそらへん」

3/11(金)〜4/22(金)までの九州ツアーを振り返る日記・第19話。第18話はこちら

対応する当日投稿はここらへん。
・3/31(木)「20日目の近況報告

これから数日は、雨が降ったりやんだりなお天氣が続きます。ということで、

高森湧水トンネル〜ミライズン

雨天でも楽しめる、高森湧水トンネルから。

写真は、トンネル内常設型プロジェクションマッピング「ミライズン」。他にも、

高森湧水トンネル〜ウォーターパール

水の球体がゆっくり上昇しているように見える「ウォーターパール」があったり、

高森湧水トンネル〜クリスマスツリー1

高森湧水トンネル〜クリスマスツリー2

高森湧水トンネル〜クリスマスツリー3

もうさすがに時期的にアウトなんじゃなかろうかという「クリスマスツリー」がぶら下がったりしてました。

高森湧水トンネル〜入り口

基本的にはいいところなんですけど、この写真でちょうど料金をお支払している大学生らしき集団が、大声で騒ぎながら闊歩してらっしゃって、トンネル内にその声が反響し……という状態だったのがマイナスポイント。まぁその辺はタイミングの問題ですけれど、そういうのと当たらなければゆっくり楽しめるんじゃないかなー?

トンネル内の温度が年間通して17℃くらいで変わらないらしいので、夏場の避暑地としてもってこいかも。

高天原?

そしてとうとう足を踏み入れてしまいましたよ、高天原に!

っていうのが、その筋では超有名なパワースポット?、幣立神宮です。

……が。

道路に面した鳥居

道路に面した鳥居はこんな感じで、あやうく通り過ぎそうになるくらいの装い。

え、本当にここが?、みたいな。

幣立神宮

歴史がある割には、新しく建てられたような造りの神社。

そして、

世直しの神?

手書きではない、印刷文字で書かれた怪しい由緒書き。

世直しって……(汗)。

天神木のシンボル

19号台風で落ちたという天神木のシンボル。

そんな感じで、まぁなんとなくですが、ヘンな違和感しか感じないところ(違和感については、上で書いた「幣立神宮」の文字のリンク先の、さらにリンク先にも書いてますが、まぁそのリンク先自体もだいぶ怪しいw)。

……と、そんな感じの幣立神宮ですが、前回も話題にあげた神紋を見てみると、

丸に違い鷹の羽

ウチの家紋と同じ「丸に違い鷹の羽」。

あーなるほど、どうりで怪しいワケだ!(笑)

そしてこのときはこれ以上奥には行かなかったんですけど、

東御手洗の案内

この先にある「東御手洗社」のほうがなんか神聖なところなんですってね。

「幣立神宮」で検索すると本当にいろいろ出てくるんですけれど、そのスジでは「今回の地震の狙いは幣立神宮」みたいな記事もあったりするくらいの有名どころみたいですので、興味のある人は行ってみるといいかも?

ちなみに数日後、実はもう一度来ることになったりますが、それはまた次回に置いときまして。

九州のへその基石

馬見原公民館にある「九州のへその基石」。

九州のへそのおこり

おこりはこちら。

なんてことはないところですが、九州の中心地にやってきましたよ〜、ってことで。

馬見原橋〜その1

馬見原橋〜その2

馬見原橋〜その3

くまもとアートポリス事業の1つの馬見原橋

2枚の面で構成されたユニークな形で、上が車と歩行者用、下が歩行者専用の橋。

夫婦岩

上面部からはそのまま、この夫婦岩に結ばれたしめ縄の下をくぐります。

そのすぐ脇には、

明神の本

熊本名水百選にも選ばれている、神域の湧水・明神の本

ここもなにげに幣立神宮とゆかりが……。まぁ、高千穂含むこの辺り一帯がそうなんですけども。

生目神社

ちょっと歩くと辿り着く、生目神社

その名のとおり、「目」に御利益があるようなのですが、奉納用の布とペンが用意されており、

奉納された布

こんな感じで、いっぱい奉納されています。

で、あんまり他の人の書いたものをジロジロ見るのはどうかなーとも思ったのですが、書かれているのが「目」だけに、逆に見つめられているような感じがしなくもなく(笑)。

そしてふと目に入ったその中の1枚、

血液型変更願い

血液型変更の願い!!!

そ、そんなことも出来ちゃうんですか、生目神社さま!?……みたいな(汗)。

てゆーか、

……

そんなにB型はイヤか!!(注:B型です)



と思いながら、この日はこの辺(でもないけど)の道の駅で車中泊をしまして。第20話へ続きます


★近日中の主な出店スケジュール★
・5/29(日), @滋賀県土山町, 大野小学校同窓会館, 「ほのぼのマルシェ vol.5

ラポラポって?出店カレンダーお問い合わせ


posted by ラポラポ at 11:46 | Comment(0) | Pの旅行記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]